未分類」カテゴリーアーカイブ

夜間-乳がん検診受けてみました![その3] – 検査結果

レインボークリニックでは124日より、「夜間乳がん検診」を開始いたしました。

今回は、スタッフが実際に夜間乳がん検診を受診した体験記(その3)をご紹介いたします。

 

3Dマンモグラフィ、乳腺エコー、視触診と、全ての検査が終わったら検査着からお洋服に着替えて診察室前の待合室をゆったりと・・・

しようと思っていたら、すぐに先生から名前を呼ばれました(汗)。。。

つい先ほど行った3Dマンモグラフィの画像と乳腺エコーの画像を見せていただきながら、
私の場合、膿疱みたいのがエコーでは写っていたのですが、3Dマンモでは硬い塊があるようには写っておらず悪いものでは無いようです。とのこと。(安堵)
個人的に聞きたいことがあったのでお話をさせていただいたら、わかりやく丁寧にアドバイスをしてくれ感激しました!
次回は、いつごろ受けるのがいいのかも教えて頂きました。

今回も特に異常はなく、これで全て検診は終了です。。。
先生、看護師さん、検査技師さんに御礼をして、あとはお会計で終了です。

003

総評:3Dマンモグラフィから乳腺エコーに呼ばれるまでちょっと時間がかかったように思えますが、そこで時間がかかった分、エコーが終わってから先生の説明まですごくスムーズに終わりました。全てで45分くらいでした。あと、3Dマンモグラフィも最後のもうひと押しが無いぶん、2Dマンモグラフィに比べて痛さも軽減されていたかなと感じます。

それよりも何よりも、3Dマンモグラフィは2Dマンモグラフィに比べて、判断しづらかったケースをより明確に診断できるようになったとのこと。
今までマンモグラフィ検査が不向きと言われてきた若年の方や乳腺組織が多い方にも効果的な検査ができるそうです。

レインボークリニックの「夜間乳がん検診」はまだはじまったばかりなので、今ならゆったりと検診をおこなうことができますので、お時間に余裕があるかたは是非、早めの検診をしていただければと思います。

2018年3月までキャンペーン価格で受診できるので、この機会をお見逃しなく!

夜間-乳がん検診受けてみました![その2] – 検査編

レインボークリニックでは124日より、「夜間乳がん検診」を開始いたしました。

今週も、同医療法人の丸山記念総合病院スタッフが実際に夜間乳がん検診を受診した体験記(その2)をご紹介いたします。

 

女性の技師さんに呼ばれ3Dマンモグラフィの検査室へ。

004

中は暗めで、さりげなく落ち着けるようになっています。

検査用ケープにお着替えして、いざマンモ。前にもマンモグラフィは受けたことがあるので、こんなに胸を潰して撮るの~ってほど潰され、痛かったので憂鬱ですが。。。

3Dマンモグラフィは痛くないって書いてあったけど、やっぱり固定するのにしっかり潰しますよね。でもなんだろう、最後のひと潰し分、というか最後のひと押しぶんくらいは軽減されている気がします。これなら次回そんなに憂鬱にならないかも。と言うくらいでした。(個人差はあるのでしょうが)。

3Dマンモグラフィの見た目は、通常のマンモと何の変哲もない感じでしたが、なんと!撮影中ヘッドが動く!180度ぐるーんてヘッドがまわってちょっとビックリ!

音も静か〜にまわるので怖くは無いですが・・・。 2方向 × 左右での撮影で終了。

この後、即座に3Dマンモグラフィの映像は転送され先生が確認するそうで、確認後に乳腺エコーが行われます。

3Dマンモグラフィが終わってから乳腺エコーまでの間少し待ちます。
先生が画像を確認してその意見も取り入れてエコー検査するということなので、ちょっとびっくり。3Dマンモグラフィであらかじめ状態をチェックした上で乳腺エコーをやってくれるんですね。

少しして呼ばれました「乳腺エコー」。
この診察室もほどよく暗くなっていて安心感があります。ここでも検査着を脱ぎ、今度は「ケープ」ではなく、タオルが用意されており、見た目よりフカフカでとても触っていて気持ちの良いタオルだったのを記憶しています。

ここでも女性技師さん。いろいろと指示をわかりやすく声をかけしてくれるので、リラックスしながら検査が進んでいきました。スクリーンに写っている画像は何なのか、私にはさっぱりわかりませんが、じっくり見てデータを取ってくれています。

005

乳腺エコーが終ると次は、このエコー室に先生と看護師さんが来てくださり視触診。
先生に視触診で自分ではどういう感触に気をつけていれば良いのかも聞いておきました。

以上で「検査」は終了です。
後は診察室で先生から説明が有るということです。

さて、続きは「夜間乳がん検診受けてみました![その3]」でお伝えしていこうと思います。
専門医からの結果報告、アドバイス、質疑応答の最終レポートを是非ご覧ください。

続く

夜間-乳がん検診受けてみました![その1]

レインボークリニックでは124日より、「夜間乳がん検診」を開始いたしました。

今回は、同医療法人の丸山記念総合病院スタッフが実際に夜間乳がん検診を受診した体験記をご紹介いたしますので、検討されている方は是非参考になさってください。

 

本日19時30分の予約で、レインボークリニックで新しくはじまった「夜間乳がん検診」を受診してきました。

まだ導入している医療機関も少ない「最新の3Dマンモグラフィ」に興味があり、任意で検査の志願をさせていただきました。
いままでの2Dマンモグラフィとあまり違いはないのかなと自分では勝手に思いながら、5年ぶりの乳がん検査をしていきます。

検査の前はやはり緊張してしまいますが、新しもの好きな私にとっては、どこかワクワクしながら・・・でも複雑な心境です。

001

本日は仕事も順調に進んだおかげで早めの退社。
おかげで予約時間よりも少し早めに着いてしまいましたが、そのまま「受付」へ。
受付は自動ドアから入って、真っ直ぐ奥に進んだところにあります。

受付を済ませたら先ずは「人間ドックお馴染みのガウン」へ衣替え♩
ロッカーは個室ではなかったけれど、他の人とは予約時間がずれているので、一人でゆうゆう占有してしまえます。

002

着替えが済んだら「待合室」へ。
本日は初日ということもあり予約人数が少なかったので、広い待合室をゆったりとしながら順番を待てました。

ちなみにレインボークリニックの造りは中央が「待合室」、回りが「各検査室」になっています。
各検査室への「導線」が短くなるよう工夫されているのかなとあらためて感じました。
「12番」と書かれているところが「3Dマンモグラフィの検査室」、おとなりの「11番」と書かれているところが「乳腺エコーの検査室」のようです。

003

さあ、そろそろ検査が始まりそうです。(緊張)
いつものことですが、順番が来るまでちょっとドキドキしますね。(私一人しかいないし。。。)

間も無く、
小綺麗な女性の技師さんから声がかかりました。

さて、検査内容のレビューは
夜間乳がん検診受けてみました![その2] でご報告させていただきたいと思います。

続く